タイトルは「ASTRO BOY ~GO!GO!アトム~」で

未来経済構造を震災後立ち上げるための準備、

「思考回路のイノベーション」要約

この「チーム・ダブル・ループ・防災学習法」(以下、TDLBという)とは『思考回路のイノベーション』」で、今まで各自が蓄積した永年のナレッジを再度新しい思考回路で見直すことです。

思考法は、国土、言語、民族、国家、教育や生活の中で固定化します。この固定化を新しい課題の解決を通して、イノベーションすることが、新たな危機や時代に対応する手助けとなることを目指しています。

●本概要(本書)

、TDLB学習法が「思考回路のイノベーション」であることを示したものです。

1、TDLBのマニュアル概要、

2 チーム・ダブルループ防災学習法 

3、神谷昭のハザード辞典等

(笑) それかフレディーマキュリーかなぁ〜 これもかなり今年の映画の中ではインパクト強かったからなぁ

下記は以前お送りしたもので「学習用資料の一部です」重複するものもあます。、

忍者は……なりたかったから?(笑) 美容師になりたいと思うようになったのはその少し後

撮影前に“今日はイヤというほど乗りますよ”とスタッフさんから言われて

——夢を叶えるためのアドバイスをお願いします

・耐震化の備え・補助金

2人のアイデアが詰まったデザイン画が香港へ!

・マンション合意形成・ハッピーツギャザー

企業用新防災学習について

レキシのファンでありミュージックビデオにも出演している八嶋が説明役を買って出た

<ステップ2>下記Instagramの投稿を「いいね」

PRIDE時代の戦友ランペイジを一発で仕留める 元PRIDE無差別級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルが「BELLATOR JAPAN」(12月29日

●予定
■第Ⅰ部 総論編
TDLB学習概要に取り組むために「トレーニング課題」をチーム編成して行うプロセスです。チーム編成を行いまう

■第Ⅱ部 プロセス編
TDLB学習の実践は、「チーム編成」で「共有するテーマ」を選定します。チーム共有とは構成員の有する「新しいデータ、新しい情報、新しい知識、新しい知恵、新しい発想」などによる「気付き」の共有化です。この工程が「プロセス」編とまります。

■第Ⅲ部 テーマ編
当面のテーマは、防災の概念の修正です。震災前対応が防災ですが、防災の中心課題は「震災後の社会、会社、個人の生活等」をどう立て直すかのビジョン作成です。戦後のビジョンなしに戦争を始めることは無謀です。同じく、地震災害は「自然との戦争で日本では繰り返し起こっています」から、災害後の復興ビジョンこそ、今回の巨大地震対策の中心課題となります。
故に、新たな危機対して未来志向が行える思考回路のイノベーションが必要と本学習法が提案されています。
TDLB展開において、重要かつ緊急を要するものを取上げます。

●付録 本TDLB理解
学習成果は、自ら作成して、いつも近くに置き、TDLB学習業務を遂行してください。
経営が常に直面する課題に対して有効な思考法になります。御社独自の学習法に育て上げ「活用の独自化、標準化・高度化ベースを築く第三の道の一歩」としてくださることを希望しております。戦略的リーダーによるTDLB新防災をはじめ、実践することで、日本の未来は明るく開けます

素の片寄さんは“関西人み”が強かったです(笑)」

大陸から分離し、東と西が分離して、火山島となり、ひっくり返って結合、結合した接合部が構造線だ。地球にこのような地域は日本だけだ。地震列島JAPANは地球の特異点であることを経営者は知っておくべきです。日本的に特化して生きるか、世界の頂点に立つ進化を目指すか、道は二つに一つです。

日本史は、山の民、海の民、農の民の歴史を抹消しているから、地震史も抹消している。日本人は日本人の真の歴史を学ばない。日本人とは何者であるか?を学ばない。殊に、日米戦争以降は、なおさらである。日本地震列島の上に52基の原子炉を設置した日本とは?何かを本気で考えることが社員の命を握る経営者の義務と思う。

日本列島誕生から今日まで続く大地の営みは 200年~300年毎にメガ地震(東北、首都直下、東海、南海トラフ等)として民を揺さぶり、「世界でも稀な自然を尊ぶ」民族を作り出した。神話から続く天照大神の子孫としての祭主・天皇がハ百八十万の神々を鎮魂する文化が生み出だされた。明治以来、自然をコントロールする知を取り入れた日本は、人口の集中化で「自然の驚異」と立ち向かうこととなった。。

21日に川口春奈が代役となることが発表された

DOBERMAN INFINITY タグーの記事一覧

2030年には国民の1/3が高齢者・人口が現在よりも1千万人減る。

高齢化と少子化による労働力不足、年金を支える若年者の減少による高齢者の貧困、過疎地域の増加が生じ、国内総生産も低下すると予想されます。

働き手の不足によって、担い手を必要とする介護や、観光、医療、IT、航空などの業界が、深刻な事態になることが予想されています。

縮む日本と膨らむ世界

空き家率は3割を超し、債務も膨らんで、社会インフラの老朽化。世界の人口は85億人まで増加。このため、世界的に水や食料、エネルギーが不足する。

現在の日本のエネルギー自給率は8%、食料自給はカロリーベースで38%です。

今は、輸出することで稼いだお金で、石油やLNG、石炭、農畜産品を海外から購入していますが、労働者人口が減り、製造業の国際競争力が低下すれば、高騰が予想されるエネルギー源や食糧を海外から購入することが難しくなります。

高い発生確率で甚大な被害が予想される南海トラフ地震や首都直下地震
今後の地震発生確率は、M8~9の南海トラフ地震は30年で70~80%、

首都直下地震は30年で70%と評価されています。

土木学会は、最大クラスの南海トラフ地震が発生すると、最悪、20年間で1,410兆円、首都直下地震では778兆円の経済被害となる懸念があるとし、日本は世界の最貧国になると警鐘を鳴らしています。

2030年問題と大規模震災

今後10年の間にこれらの地震が発生し、甚大な経済被害を出せば、日本社会は大きな困難に直面し、経済が破たんし、国が貧困化して海外からエネルギーや食糧も購入できず、国難とも言える事態に直面します。 

一方で、地震が起きていなければ、地震発生確率は益々高まっています。

今後10年の間に西日本を中心に活断層による地殻内地震が複数発生し、場合によっては、南海トラフ地震の震源域周辺で比較的規模の大きな地震やゆっくり滑りが起きると思われます。

その場合には、南海トラフ地震臨時情報(巨大地震注意)が発表され、社会的な混乱が予想されます。

南海トラフ地震臨時情報(巨大地震注意)

 巨大地震注意の発表によって、日本社会が狼狽えれば、わが国の国際的信頼度が低下します。

日本社会の動揺を見て、海外の大型船が入港を躊躇すれば、日本は孤立し、エネルギーや食糧、原材料の輸入が難しくなります。

さらに、株価や為替が変動すれば、経済的な困難にも陥ります。社会が狼狽えないために、あらゆる人が事前の対策を進めると共に、社会の基本となる道路・鉄道・港湾・空港などの人流・物流、行政機能、病院・社会福祉施設、保育園・幼稚園・学校などを機能維持する必要があります。

進まない事前対策

 本年5月31日に開催された中央防災会議で、南海トラフ地震への対策のフォローアップ結果が公表されました。それによると、耐震化などの対策はある程度は進んでいるものの、当初の目標に比べ相当に遅れていることが分かりました。

2012年~13年に実施された被害想定に比べ、予想死者数は約33万2千人から約23万1千人へと30%程度減らすことができたようですが、10年間で6万1千人まで減らすという目標には遠く及びません。

リニア中央新幹線と自律・分散・協調の国土構造の実現

 自然に恵まれた自律力の高い途中駅に人口が分散し、テレワークが普及すれば、東京一極集中の是正も期待でき、安全な自律・分散・協調型の国土へと近づきます。

 災害は、hazard(自然の驚異・ハザード)、vulnerability(人と人との絆の脆弱性)、exposure(環境に身をさらす曝露)によって生じます。中山間地は揺れ・液状化・津波などのhazardが小さく、低層の家屋が増えればvulnerabilityも減り、人口集中の是正でexposureも改善されます。

自然を活用した再生エネルギー利用や地産地消、AI化が進めば自律力も高まります。
(地震の専門家談)

リル・ジュピターを訪ねて「atmos con(アトモスコン) Vol聞けば山本は「25年間引きこもっていた」という役をはじめ6役

この「ナンに合うカレー」の1日あたりの販売数が

実績のあることしか試さない。新しい意見に耳をかさない。イノベーションを恐れている。
コロンブスはいない。ビルゲイツもジョブスもでない。

チームをつくらない。サッカー・ラクビー・ベースボール・スポーツが生まれない。

ビジョンや夢から話さない。ミステリアスではなく、考えていないのである。
世界の中で、どのように生き延びていくか。未来を。というビジョンがない。

働きがいのある世界ランキング

オープンな職場で、お互いに助け合う文化が醸成されて、チームの力が最大限に引き出されている。

リーダー層も苦手......日本の英語力不足はもはや「国難」だ。
英語は通じればよいという人もいます。思考法がない話は戦略がない。チームもない。仲間もできない。哲学から日常まで、演繹的な思考法で話す内容を充実させる。

シャープに限らず、ソニーやパナソニック、東芝、富士通、NECといった電機メーカーも、苦戦が強いられており、精密機械分野も同じです。未来は音とたてて変わっています

生き残る会社、人材に必要な能力とは?社長が学ぶ

これからは創造性があり、反復性がないこと、イノベーションとか、クリエイティブ、プロデュース、といった能力が必要になっていくということです。

未来経済構造を

震災後立ち上げるための準備

「思考回路のイノベーション」

この「チーム・ダブル・ループ・防災学習法」(以下、TDLBという)とは『思考回路のイノベーション』」で、今まで各自が蓄積した永年のナレッジを再度新しい思考回路で見直すことです。

思考法は、国土、言語、民族、国家、教育や生活の中で固定化します。この固定化を新しい課題の解決を通して、イノベーションすることが、新たな危機や時代に対応する手助けとなることを目指しています。

●本概要(本書)
、TDLB学習法が「思考回路のイノベーション」であることを示したものです。

1、TDLBのマニュアル概要、

スポーツ界では冬季五輪に2度出場したプロスノーボード選手の国母和宏…

3、神谷昭のハザード辞典等

TETSUYA自身も「みんなで一緒に踊れて

下記は以前お送りしたもので「学習用資料の一部です」重複するものもあます。、

その乗り越え方も見つかるんじゃないかなと思いますね

・自分の命を守り備え、

・地域の水の備え、

舞台上には笑顔があふれ確実に楽しい雰囲気が広がっていたが

・シニア防災コンサルタント

企業活性化

逆転のKO勝ち 「BELLATOR JAPAN」(12月29日

2回目となる同セミナーだったが終了後「去年やらせていただいて

●予定

■第Ⅰ部 

総論編

TDLB学習概要に取り組むために「トレーニング課題」をチーム編成して行うプロセスです。チーム編成を行いまう

■第Ⅱ部 

プロセス編THE RAMPAGE from EXILE TRIBE×K·SWISS【The best Kicks by R×K Project】

TDLB学習の実践は、「チーム編成」で「共有するテーマ」を選定します。チーム共有とは構成員の有する「新しいデータ、新しい情報、新しい知識、新しい知恵、新しい発想」などによる「気付き」の共有化です。この工程が「プロセス」編とまります。

■第Ⅲ部 

テーマ編高木がこれまでの道のりとその時々の考え方を述べている

当面のテーマは、防災の概念の修正です。震災前対応が防災ですが、防災の中心課題は「震災後の社会、会社、個人の生活等」をどう立て直すかのビジョン作成です。戦後のビジョンなしに戦争を始めることは無謀です。同じく、地震災害は「自然との戦争で日本では繰り返し起こっています」から、災害後の復興ビジョンこそ、今回の巨大地震対策の中心課題となります。
故に、新たな危機対して未来志向が行える思考回路のイノベーションが必要と本学習法が提案されています。
TDLB展開において、重要かつ緊急を要するものを取上げます。

●付録 

本TDLB理解心に届くような舞台となるよう精一杯頑張ります」と気合が入っている

学習成果は、自ら作成して、いつも近くに置き、TDLB学習業務を遂行してください。

経営が常に直面する課題に対して有効な思考法になります。御社独自の学習法に育て上げ「活用の独自化、標準化・高度化ベースを築く第三の道の一歩」としてくださることを希望しております。戦略的リーダーによるTDLB新防災をはじめ、実践することで、日本の未来は明るく開けます

シニア防災コンサルタントの会
神谷昭

逐次ブログサイトで記載します

VRゴーグルをスマホにセットすることで体感映像を楽しめる